はじめてのワンちゃん

はじめてのワンちゃん飼い方育て方 おすすめグッズ

トレーニング

トレーニング

トレーングするときの注意点

トレーニングする前に、ワンちゃんとアイコンタクトをとること。
目と目をみて、コミュニケーションと信頼関係を築く。

トレーニングは1日10分~15分にとどめる。

出来なくても、叱らない、叩かない。根気が必要。
出来たら、オーバーすぎるほど、褒める事。

ここで載せているトレーニングは、生活していく上で最低限必要なものだけを、ピックアップしたものです。
芸を覚えさすものではなく、あくまで生活のなかでのしつけの一環です。これだけ出来れば十分です。

おすわり

一番最初に教えます。
おやつを犬の鼻先に持っていき、犬が座ったら撫でてほめます。
これを繰り返します。

フセ

おとなしくさせるときに、フセをさせます。
おやつを鼻先の下に向け、犬がつられてフセの体勢になったら、ほめます。
これを繰り返します。

タテ

シャンプー、トリミングの時におとなしくさせるため、覚えさせておきます。リードを使って、オスワリの姿勢から、おやつを持っていき、「タテ」と言ってリードを引きます。立ったらおやつをあげてほめます。

マテ

エサをあげる前などや何かをさせる前に「マテ」を使います。
まずおすわりをさせて、犬の鼻先に手を開き、「マテ」と声かけします。

オイデ

呼んだらいつでも飼い主のところへ戻るようにしておきます。
リードを自分の方向に寄せて、「オイデ」と声をかけます。
何度も繰り返し、犬のほうから来るようになったらほめます。

ハウス

サークルハウスに犬を戻させて、おとなしくさせたい時に必要なトレーニングです。
ハウスの前でおやつを出し、「ハウス」と言いながらおやつをハウスの中に入れます。
「ハウス」の中で静かにしていられたらほめます。

オテ

おすわりをさせて、「オテ」と言って、片手の足を持ったまま、おやつをあげます。これを何度も繰り返します。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional